トンダ PF ミニッツ ラトラパンテ
とともに、
真の純粋主義への旅路へ
メゾンが打ち出す
新たなワールドプレミア

パルミジャーニ・フルリエは、純粋と革新性の二軸を追求することで、ウォッチメイキングに変化をもたらし、2023年のウォッチズ&ワンダーズで発表されたすべての新モデルに共通する希少性、意味、フォルムの特徴を語っています。

 「パルミジャーニ・フルリエの創造的アプローチは、ピュアであるというコンセプトによって導かれています。将来の設計開発のアイデアから最終的なディテールまで、フォルムと機構の両面において純粋さが存在していなくてはなりません。
私たちにとってこれは、ブランドのスタイルを定義する絶対的な条件なのです。」

― パルミジャーニ・フルリエCEO
グイド・テレーニ

 Good things come in pairs! 良いことは重なるもの。
『トンダ PF GMT ラトラパンテ』に続く、また世界初となるモデル『トンダ PF ミニッツ ラトラパンテ』は、複雑機構の刷新と操作性を両立させた、まさにメゾンの精神を体現する時計です。

2022年に発表したトンダ PF GMT ミニッツ ラトラパンテとの機能的な連続性があり、GMTの時針と同じく、分針にも現代のニーズに対応した機能性を持たせています。

分針が重なり合うこのタイムピースは前作を完璧に補完するものであり、限界を押し広げ、ユニークで忘れられない体験を創造するパルミジャーニ・フルリエの精神を証明するものです。

トンダ PF ミニッツ ラトラパンテ

「イノベーションとは、
単に新しいものを生み出すことではなく、
可能性の限界に挑戦することです。」

―パルミジャーニ・フルリエ創業者
ミシェル・パルミジャーニ

複雑機構をよりシンプルに

 トンダ PF ミニッツ ラトラパンテのアイデアはいたってシンプル。ダイバーズウォッチの目盛ベゼルで測っていた機能を、ムーブメント本体で実現することでした。その結果、操作性、視認性、そして軌道のシンプルさが格段に向上しました。

トンダPF GMT ラトラパンテではローカルタイムとホームタイムを1時間単位で区別することができましたが、トンダ PF ミニッツ ラトラパンテでは、分単位を5分および1分単位で表示することができるようになりました。

デザインに調和する革新性

 ダイヤルには、時針と二本の分針が重ね合わされています。
一本目の分針は、ロジウム加工されたゴールド製で、時針と連動したリアルタイムを表示します。
二本目は、通常はロジウムプレートの針の下に隠れている18Kローズゴールド製の針で、5分または1分の単位をオンデマンドで計算することができます。

8時位置のプッシャーで5分、10時位置のプッシャーで1分と、どちらの場合もプッシャーを押すと、ローズゴールドの針が目的に合った単位でジャンプします。

ロジウムプレートの針と18Kローズゴールドの針の位置が重なると、計測する時間が経過したことになります。
針は、スプリットセコンド機能と同様に、竜頭一体型のプッシャーで元の位置に戻されます。

革新的ながらもシンプルなこの機構は、トンダ PFコレクションのエレガントで無駄のないデザインに調和しています。

新しいデザイン

 トンダ PFコレクション全体と同様に、ミニッツ ラトラパンテもシンプルさが際立つ正統派のデザインで、身につける人の美意識と一体化するようにデザインされています。

『トンダ PF ミニッツ ラトラパンテ』は、パルミジャーニ・フルリエの創造の精神を表現しています。
すっきりと無駄のないプロポーションに、品のある造形美や質の高い仕上げと、内に秘める複雑さとの対比が特徴的。直感的で効率的、そして極めて高い操作性がブランドの精神と調和しています。

またダイヤルのサンドグレーの色合いは、自然の温かみを感じさせるものとなっています。

日々の暮らしに寄り添う

 流れゆく時間を限りあるものとして追い求める時代は終わりを告げました。
トンダ PF ミニッツ ラトラパンテは、その革新的な機能により、それぞれの瞬間に美しさと意義を与えます。

この時計を通じて、はかない瞬間のなかに流れる穏やかな時間を体験することができます。
トンダ PF ミニッツ ラトラパンテは、一秒一秒を慈しむための時計なのです。

2023年9月より販売開始

メニュー