Close

言語を選択

Close

マイセレクション

時計が選択されていません

当ウェブサイトでは、サイトを最適にご利用いただくためにクッキーを使用しています。クッキーは、お使いのブラウザに保存されるファイルで、閲覧環境をカスタマイズするために多くのウェブサイトで使用されます。引き続き、クッキーに関する設定を変更せずに当ウェブサイトを利用される場合、クッキーの使用に同意されたものとみなします。

有効化

Close

価格


すべての表示価格はパルミジャーニ・フルリエの希望小売価格です(適用される場合はTVA込み)

。 パルミジャーニ・フルリエは、価格およびモデルを予告なく変更する権利を留保します。

販売店検索

Close

フォローする

ヒポロジア

比類のないこの置時計の起源は、人々を魅了し続けてやまない「tempus fugit(時は逃げ去る)」という概念から着想を得ています。長いこともあれば短いこともある。味方となることもあれば敵となることもある。時は、まったく自由に存在しています。服従させるためではなく、より愛するために時を手なずける。それが、母馬と仔馬が主役のオートマタ時計「ヒポロジア」を生み出す、壮麗な冒険の出発点です。

高級時計のマニュファクチュールであるパルミジャーニ・フルリエは、神秘のベールに包まれた壮大な作品を創造することをマスターしています。修復の仕事を通じて、過去につくられた傑作を深く研究することで、そのクリエーションの本質的な知識を蓄え、それにより自らの創造性に磨きをかけています。創造性は、マニュファクチュールの可能性を披露する舞台となる、ユニークピースという形で姿を現します。パルミジャーニ・フルリエはこれまでにも、彫刻で飾られ、躍動的な動きを再現する置時計をすでにいくつか生み出してきました。そして、より大きく夢を描き、より遠くへ辿りつきたいという思いから、ヒポロジアを創造します。

こうして、世界的に有名なオートマタ職人が才能を注ぎ、命を吹き込まれた生き物が誕生しました。このオートマタは、砂漠の王と呼ばれる、耐久力と勇気をもつ華麗な純血アラブ種の馬を主役としています。パルミジャーニ・フルリエの歴史は、創業以前からモーリス=イヴ・サンドコレクションを通じて動物の世界と結びついています。継承される技術と知識から企業理念を形づくったパルミジャーニ・フルリエは、学ぶことの価値をとても大切にしています。純金製の母馬が仔馬に走りを教える姿を描いたヒポロジアは、その価値観を表現しています。穏やかな二頭の馬は、砂漠と砂丘を連想させる、楕円形のラリック社製クリスタルガラスケースの上をゆっくりと駆けます。

この置時計は、2,400個以上の部品で構成されています。その基部には、ふたつの機構が並んで配置されており、ひとつはオートマタ、もうひとつは時刻表示を司ります。オートマタを始動するシステムは、それだけで三番目の機構と呼べるほど複雑で、全体をつくり上げるには12,000時間の作業を要しました。白とシャンパーニュカラーのダイヤモンドがセットされた小窓は、時と分を表示します。さらに、希望の時刻にオートマタを動かすように調整できる目盛りも表示します。母馬と仔馬は時刻の進みを映し出すようにデザインされ、マニュファクチュールの過去の知識と技術が表現されています。頭、尾、蹄はシルバーで鋳造され、宝石職人の手によってポリッシュ仕上げが施されています。馬のたくましい体は、手作業で彫刻された装飾を誇示します。一方、置時計の機構は、高精度時計の偉大な伝統に則った、古典的な装飾で仕上げられています。

デザイナー、時計職人、オートマタ職人、クリスタルガラス職人が出会うことで生まれる壮大な創造力と、混ざり合う知識と技術の結集。ヒポロジアは、工芸の最高峰の象徴です。