Close

言語を選択

Close

マイセレクション

時計が選択されていません

当ウェブサイトでは、サイトを最適にご利用いただくためにクッキーを使用しています。クッキーは、お使いのブラウザに保存されるファイルで、閲覧環境をカスタマイズするために多くのウェブサイトで使用されます。引き続き、クッキーに関する設定を変更せずに当ウェブサイトを利用される場合、クッキーの使用に同意されたものとみなします。

有効化

Close

価格


すべての表示価格はパルミジャーニ・フルリエの希望小売価格です(適用される場合はTVA込み)

。 パルミジャーニ・フルリエは、価格およびモデルを予告なく変更する権利を留保します。

販売店検索

Close

フォローする

ミシェル・パルミジャーニ
時計職人

修復から高級時計への道のり

「私は、クォーツによって時計産業が危機に陥っていた 1976 年に、起業家としての冒険を開始しました。全員の意見に逆らってこの冒険に乗り出した私は、のけ者扱いされているように感じたのを覚えています。虚無感から私を救ったのは、昔の時計の修復でした。非常に多くの過去の傑作に対して作業する機会に恵まれていた当時の私は、伝統的な時計が消滅していくなどと考えることはできませんでした。修復作業は、多くの人々がもう無理だと言っていた時計の夢を追いかける自信を与えてくれました。私は伝統的な時計芸術を信じています。それこそがパルミジャーニ・フルリエの基礎であり、私のキャリアを貫く見えない糸となっています。」

Michel Parmigiani

 

ミシェル・パルミジャーニは、1950 年 12 月 2 日、ヌーシャテル州ヴァル・ド・トラヴェールの小さな村、クーヴェに生まれました。職業を選択すべき時が来たとき、彼の心は時計と建築の間で揺れていました。どちらも技術と創造という点で共通しています。しかし、まさったのはスイス高級時計の神秘的な要素でした。彼の心は決まり、ヴァル・ド・トラヴェールの時計学校、ついでショー・ド・フォンのテクニクムで学んだミシェル・パルミジャーニは、才能ある優れた時計師だけが活躍できる分野である修復を専門としました。

クォーツによって伝統的な時計が危機に陥っていた 1976 年、彼は修復専門のアトリエを開き、独立します。昼間は感嘆すべき時計の修復を行い、夜になると個人的な創造に打ち込みました。ミシェル・パルミジャーニは、修復する各時計からその機構の秘密を教わり、時計のノウハウと技術的知識を充実させていきました。すぐに、その才能に気づいた時計博物館やコレクターの間で、彼の名が知られるようになります。1980 年、評価を絶するほど貴重なモーリス=イヴ・サンド コレクションのメンテナンスが彼に託されます。こうして、サンド・ファミリー財団の代表、ピエール・ランドルトと決定的な出会いを果たします。彼から寄せられた尊敬と賛美が発端となって、今日の時計製造の大いなる冒険が始まることになります。1996 年、製造に必要なものを手にしたミシェル・パルミジャーニは、自分の名を冠すブランドを立ち上げます。

1996 年 5 月 29 日、パルミジャーニ・フルリエが公式に創業しました。このブランドは、技術的にも職人技の点でも、ノウハウ豊かでありたいと願い、この地域でノウハウを受け継ぎ、時にはよみがえらせることに取り組んでいます。パルミジャーニ・フルリエは、各高級時計の製造に携わる創業者の才能を忠実に受け継いでいます。完全に独立したブランドとマニュファクチュールは、ミシェル・パルミジャーニのキャリアと切り離せない卓越性を一貫して追求し続けています。