Close

言語を選択

Close

マイセレクション

時計が選択されていません

当ウェブサイトでは、サイトを最適にご利用いただくためにクッキーを使用しています。クッキーは、お使いのブラウザに保存されるファイルで、閲覧環境をカスタマイズするために多くのウェブサイトで使用されます。引き続き、クッキーに関する設定を変更せずに当ウェブサイトを利用される場合、クッキーの使用に同意されたものとみなします。

有効化

Close

価格


すべての表示価格はパルミジャーニ・フルリエの希望小売価格です(適用される場合はTVA込み)

。 パルミジャーニ・フルリエは、価格およびモデルを予告なく変更する権利を留保します。

販売店検索

Close

フォローする

トンダ1950ギャラクシー

11月 01, 2017

パルミジャーニ・フルリエは数多くの星々できらめくダイヤルを備えたウォッチを発表します。このモデルは宇宙の表現の中に見る者を迷い込ませます。

トンダ1950ギャラクシーを制作するにあたって、ダイヤル製造職人はアベンチュリン 

ガラスという偶然から生まれた素材を用いました。18世紀のムラーノ(ベネチア)でガラス職人が偶然、銅のやすり屑を溶解したガラスに落としてしまいました。そしてその新しい素材は「アベンチュリン」(per aventura)と名付けられました。意味は「偶然に」です。

粉砕され、再構成されたアベンチュリンガラスは、まるで金粉の無限性を思わせる銅の包有物の輝きが独特です。視線はトンダ1950ギャラクシーの星空に不意に捉えられ、辺りを輝かせる後光を織り成すダイヤモンドがセッティングされたベゼルとケースに魅了されます。スペシャル エディションにはソリッドゴールドのブレスレットが組み合わされます。

トンダ1950ギャラクシーを制作するにあたって、ダイヤル製造職人はアベンチュリン 

ガラスという偶然から生まれた素材を用いました。18世紀のムラーノ(ベネチア)でガラス職人が偶然、銅のやすり屑を溶解したガラスに落としてしまいました。そしてその新しい素材は「アベンチュリン」(per aventura)と名付けられました。意味は「偶然に」です。

粉砕され、再構成されたアベンチュリンガラスは、まるで金粉の無限性を思わせる銅の包有物の輝きが独特です。視線はトンダ1950ギャラクシーの星空に不意に捉えられ、辺りを輝かせる後光を織り成すダイヤモンドがセッティングされたベゼルとケースに魅了されます。スペシャル エディションにはソリッドゴールドのブレスレットが組み合わされます。

シェアする