Close

言語を選択

Close

マイセレクション

時計が選択されていません

当ウェブサイトでは、サイトを最適にご利用いただくためにクッキーを使用しています。クッキーは、お使いのブラウザに保存されるファイルで、閲覧環境をカスタマイズするために多くのウェブサイトで使用されます。引き続き、クッキーに関する設定を変更せずに当ウェブサイトを利用される場合、クッキーの使用に同意されたものとみなします。

有効化

Close

価格


すべての表示価格はパルミジャーニ・フルリエの希望小売価格です(適用される場合はTVA込み)

。 パルミジャーニ・フルリエは、価格およびモデルを予告なく変更する権利を留保します。

販売店検索

Close

フォローする

マイアミのWatches and Wondersでのパルミジャーニ・フルリエ

2月 23, 2018

パルミジャーニ・フルリエは2月16日から19日にかけてマイアミで開催された2018年のWatches and Wondersに参加しました。有名なDesign District の中心にあるブランドのブティックは、招待客を招くのにも、パルミジャーニ・フルリエの最新作を発表するのにも理想的なロケーションでした。

ここ数年来、Watches and
WondersイベントはSIHH直後の時計愛好家の出会いの場となっており、各ブランドがスイスから国境を越えたところで、ジュネーブで披露したばかりの新作を発表できる機会にもなっています。パルミジャーニ・フルリエにとって、それは2018年の最大のテーマである「カルパの年」をふたたび主張できる機会でした。カルパ クロノールは、カルパ 
ファミリー誕生20周年を記念して全体がゴールドで製造されたトノー型の一体型クロノグラフによって、賞賛されました。パルミジャーニ・フルリエはまた、おそらくこれまでにブランドが製造した中で最も技術力が高い、ブガッティ シロンの自動車エンジンに歩みよるムーブメントを搭載する革新的な作品、ブガッティ タイプ 390 も発表しました。
2018年はとてもエキサイティングなスタートを切りました。そしてまだまだ沢山の驚きがやってきます…

ここ数年来、Watches and
WondersイベントはSIHH直後の時計愛好家の出会いの場となっており、各ブランドがスイスから国境を越えたところで、ジュネーブで披露したばかりの新作を発表できる機会にもなっています。パルミジャーニ・フルリエにとって、それは2018年の最大のテーマである「カルパの年」をふたたび主張できる機会でした。カルパ クロノールは、カルパ 
ファミリー誕生20周年を記念して全体がゴールドで製造されたトノー型の一体型クロノグラフによって、賞賛されました。パルミジャーニ・フルリエはまた、おそらくこれまでにブランドが製造した中で最も技術力が高い、ブガッティ シロンの自動車エンジンに歩みよるムーブメントを搭載する革新的な作品、ブガッティ タイプ 390 も発表しました。
2018年はとてもエキサイティングなスタートを切りました。そしてまだまだ沢山の驚きがやってきます…

シェアする