Close

言語を選択

Close

マイセレクション

時計が選択されていません

当ウェブサイトでは、サイトを最適にご利用いただくためにクッキーを使用しています。クッキーは、お使いのブラウザに保存されるファイルで、閲覧環境をカスタマイズするために多くのウェブサイトで使用されます。引き続き、クッキーに関する設定を変更せずに当ウェブサイトを利用される場合、クッキーの使用に同意されたものとみなします。

有効化

Close

価格


すべての価格はパルミジャーニ・フルリエの希望小売価格です(スイスTVA込)

パルミジャーニ・フルリエは、本ウェブサイトに掲載された価格、モデルを予告なく変更する権利を留保します。

販売店検索

Close

フォローする

インスピレーションの源
自然と黄金比、それらを見つめることを学ぶこと、それらに従うこと

「子供の頃、父は繰り返し私に言っていました。『見つめることを学ぶ者が芸術を手にする』、と。その言葉はつねに私の頭の片隅にありました。芸術は私たちのまわりのいたる所に存在します。自然の中にも、プロポーションの調和の中にも、一つ一つの細部へのこだわりの中にも。すばらしい世界は、見つめることを学ぶ者にのみ、全貌を明らかにします。」

Michel Parmigiani

 


私たちを取り巻く世界は、理由はわからなくても、眺めて心地のよい調和の取れたプロポーションの例が多数あります。信じられないような雪の結晶のデザイン、貝殻の螺旋模様、ひまわりの雌蕊の微妙な配列。これらの例には、いずれも 2 つのサイズないし体積の間の理想の比率である黄金比(1:1.618)が認められます。 もともと自然の中に存在し、科学によって取り上げられたこの神々しいプロポーションは、ミシェル・パルミジャーニが各時計の創造のために探し求めてきた美的な調和の柱となっています。時計のケースの大きさとその曲線は、黄金比に対応しています。パルミジャーニ・フルリエの外観上のアイデンティティーの一つとなっている水滴型のラグは、その最良の例です。時計の中で各サイズの比率を支配しているのは、このプロポーションです。ベゼルの広さとケースの直径、カウンターのサイズとダイヤルのサイズ、分針の長さと時針の長さなど…… どのサイズの比率も 1:1.618 という黄金比またはその倍数となっています。これにより、時代を超えて感じ取れる、理由は説明できなくても、眺めて心地よい調和が生まれています。これこそ、最初からこのブランドの時計作品に込められたミシェル・パルミジャーニの意図なのです。