Close

言語を選択

Close

マイセレクション

時計が選択されていません

Launched a temporary e-commerce website featuring a select number of models to support our Authorized Partners and staff during these difficult times.

Discover the collection
No longer display this message

当ウェブサイトでは、サイトを最適にご利用いただくためにクッキーを使用しています。クッキーは、お使いのブラウザに保存されるファイルで、閲覧環境をカスタマイズするために多くのウェブサイトで使用されます。引き続き、クッキーに関する設定を変更せずに当ウェブサイトを利用される場合、クッキーの使用に同意されたものとみなします。

有効化

Close

価格


すべての表示価格はパルミジャーニ・フルリエの希望小売価格です(適用される場合はTVA込み)

。 パルミジャーニ・フルリエは、価格およびモデルを予告なく変更する権利を留保します。

販売店検索

Close

フォローする

時計を探す

 
KALPA
TONDA
TORIC

巻き上げ

COMPLICATION

ケース

ダイヤル

該当するものがありませんでした

260 時計


時計を探す

該当するものがありませんでした

260 時計




COLLECTION

KALPA
TONDA
TORIC

巻き上げ

COMPLICATION

ケース

ダイヤル

オーバル

オーバル コレクション

オーバル

楕円形のコレクションを作るというアイデアは、他の多くのアイデアと同様、時計の修復作業から生まれたものです。1997年、ミシェル・パルミジャーニ率いるチームは、イギリス人VerdonとStedmanによる、ケースの楕円形のフォルムに沿って伸縮するパントグラフ針を備えた懐中時計を修復しました。15年後、独自の生命を宿しているかのようなこの複雑機構に魅せられた修復チームは、その原理を腕時計に取り入れることを決断しました。時計師たちは工房に籠りきりになって、機構を小さな腕時計に組み込む手法を探りました。

2013年に発表されたオーバル コレクションはパントグラフ針が中心的な部品となっていますが、従来の伝統的な針やトゥールビヨンを組み込んだバージョンも用意されています。このコレクションは、パルミジャーニ・フルリエと修復作業の間にある永遠の絆を強調しています。パルミジャーニ・フルリエにおいて、過去の偉業と未来の時計表現の追求との対話た途絶えたことは一度たりともありません。

オーバルコレクションのモデルを見る