Close

言語を選択

Close

マイセレクション

時計が選択されていません

Launched a temporary e-commerce website featuring a select number of models to support our Authorized Partners and staff during these difficult times.

Discover the collection
No longer display this message

当ウェブサイトでは、サイトを最適にご利用いただくためにクッキーを使用しています。クッキーは、お使いのブラウザに保存されるファイルで、閲覧環境をカスタマイズするために多くのウェブサイトで使用されます。引き続き、クッキーに関する設定を変更せずに当ウェブサイトを利用される場合、クッキーの使用に同意されたものとみなします。

有効化

Close

価格


すべての表示価格はパルミジャーニ・フルリエの希望小売価格です(適用される場合はTVA込み)

。 パルミジャーニ・フルリエは、価格およびモデルを予告なく変更する権利を留保します。

販売店検索

Close

フォローする

時計を探す

 
KALPA
TONDA
TORIC

巻き上げ

COMPLICATION

ケース

ダイヤル

該当するものがありませんでした

262 時計


時計を探す

該当するものがありませんでした

262 時計




COLLECTION

KALPA
TONDA
TORIC

巻き上げ

COMPLICATION

ケース

ダイヤル

パルミジャーニ・フルリエの時計製造拠点
完全で独立した
時計マニュファクチュール

パルミジャーニ・フルリエの
ウォッチメイキングセンター

パルミジャーニ・フルリエは、ごく初期の段階で産業の独立を選択しました。一番重要だったのは、制約を受けずに
創造性を遺憾なく発揮しながら、多面的な価値を備えた、技術的に優れた最先端の時計を作れるようにすることでした。時計の全部品をマスターする目的で、わずかな年月のうちにマニュファクチュールが設立されました。ダイヤルとその入念な装飾、きわめて複雑な変化に富んだケース、そしてもちろん時計の核心部となる調速機とヒゲゼンマイ、ムーブメントを構成する裸眼ではほとんど見えない小さなネジや歯車の一つ一つ。この産業と職人技を集約した拠点では、
デザイナーと技師が肩を並べ、最先端の時計師と協力しながら職人が作業しています。1 つの時計の背後には、50 以上の職業があり、日々助け合って時計技術を継承する技能の中心地としてのスイスのジュラ州の歴史があります。こうした時計産業の垂直統合により、ミシェル・パルミジャーニの思い入れの強い価値観、すなわち上質な仕上がり、技術性、精度、細部へのこだわりなどが守られています。こうした価値観を、ミシェル・パルミジャーニは修復師としての仕事の中で身につけました。それ以来、時計師としてのキャリアにおいても弛まず実践しています。
「究極の1本を選ぶとしたら」
高名な修復師にして先見の明のある時計師でもあるブランドの創設者、ミシェル・パルミジャーニの個性は、どの時計にも表現されています。どの時計も、この時計産業集約拠点で着想・設計・製造された時計を選ぶ人々と、この
マニュファクチュールとの間に存在する特別な関係を映し出しています。

時を作り出すということは、魔術に似たものがあります。
息を潜めた数々の部品を製造し、それらを組み立てて永遠の運動を生み出すこと。それは生命のない素材に命を吹き込むことであり、 決して止まることのない脈動を
生み出すということです。

Michel Parmigiani

 

クリエーション

パルミジャーニ・フルリエ

どの時計も何らかのアイデアから始まっており、そのアイデアはパルミジャーニ・フルリエで生まれています。戦略的な
決定の中心となるこのブランドの時計産業集約拠点では、一貫しつつも多様な一連の時計コレクションが入念に製造されています。ブランドの内部には修復部門が残されています。修復こそがインスピレーションの源であり、現在の
作品の技術的な知識の源泉だからです。時計のアイデアは、ミシェル・パルミジャーニ率いる設計事務所において、まず紙に鉛筆で描く下絵によって、次にムーブメントを含む完成作品の技術的デッサンによって、具体化されます。こうして
各高級時計の歴史が始まります。ついで、この集約拠点の他の部門に引き継がれ、生命が吹き込まれます。

ダイヤル

カドランス & アビヤージュ社

ダイヤルは時計の顔であり、一番目につく個性です。この時計産業集約拠点でダイヤルの製造を担当する「カドランス & アビヤージュ」社では、パルミジャーニ・フルリエの創造力に形を与える驚くべき一連のダイヤルを製造しています。
多様な製造が可能なのは、このショー・ド・フォンに本拠を置く企業が多くの産業技法にとどまらず、何よりも
多くの職人芸をマスターしているからです。基礎にあるのは手作業のノウハウと精密な作業であり、これによってどの
高級ダイヤルも他に類を見ないものになっています。 高級時計のダイヤルの基礎となる部分は、デジタル制御の機械を
用いて加工してから、各時計に固有の仕様に応じてさまざまな表面処理を施します。ギョーシェ彫り、サンドブラスト仕上げ、サテン仕上げ、アジュラージュ加工、防食加工、梨地仕上げなど、さまざまな装飾技法が存在します。続いて、ラッカーや電着によって着色します。最後に、ダイヤル職人は文字のプリントや装飾部品の取り付けを行い、この最後のタッチによって表面を輝かせます。 カドランス & アビヤージュ社は、パルミジャーニ・フルリエの時計の美的な個性化において重要な役割を果たしています。同社は顧客の個別の希望を叶えることができるからです。カドランス&
アビヤージュ社は、注文に応じて多様な特別な要望に取り組み、それを実現し、本当に1本だけの時計を作ります。

ケース

ケース

この時計産業集約拠点で高級ケースの製造を担当するレ アルティザン ボワティエは、最先端のノウハウを持っており、
完成された高級時計のしばしば相反する要件を丹念に両立させることができます。形状が複雑だからといって、
防水性を犠牲にすることは許されません。意欲的な美意識により、完璧なケーシングを行う必要があります。 どの時計のケースも、まずは3Dソフトを使って開発する仮想段階で、技術的に実現可能であることが確かめられます。続いて、デジタル制御の機械を用いてケースを加工し、実際に理論どおりにいくか確かめられます。先端技術を駆使した技法と並んで、レ アルティザン ボワティエは伝統的な加工方法によって完全に手作業で高級時計のケースを作ることができます。こうして、古来からの職人技のノウハウと、アバンギャルドな技術とが矛盾なく両立しています。最終段階で 1 つ 1 つの表面を手作業で研磨し、装飾することでミドルケースに威厳を与えるのは、職人です。

部品

エルヴァン社とアトカルパ社 – SFF 時計部品 SA

この時計産業集約拠点の 2 つの共同支部であるエルヴァン社とアトカルパ社は、精密な旋盤加工と微小部品の製造を専門としています。両社は、ムーブメントのねじ類(真、カナ、歯車など)や複雑な部品(コラムホイール、香箱真、巻真、てん真、その他多数)を供給しています。この 2 つの企業は、この分野では驚嘆すべき作業をすることで定評があり、その精度は 0.01 ミリに達します。製造するすべての部品において、美しい高品質の仕上げの工程が重要となります。 アトカルパ社は、調速機の全体(すなわちガンギ車、アンクル、テンプ、ヒゲゼンマイ)の製造をマスターしている非常に数少ない時計部品製造会社の一つです。ヒゲゼンマイの製造には約 15 もの作業工程が必要となり、断面積 0.1 mm の金属製のワイヤーから、計時の鍵を握る 25 ミクロンのヒゲゼンマイが作られます。 エルヴァン社は、製造工程で使用する旋盤機械まで自社で製造することを特徴としています。機械加工と、注文に応じたソフトプログラムという 2 つの軸をマスターし、それらを厳密な目的のために使用しています。こうして、この時計産業集約拠点全体が、稀に見る高度な機械精度を手に入れることが可能になっています。